婚約指輪で愛を誓う~ゴールインまで後少し~

相場と状況

婚約指輪の相場はいくらぐらいか

指にはめられた指輪

プロポーズの時に婚約指輪を渡すというシーンがテレビドラマ等でよく流れますが、実際には、婚約指輪をカップルで購入しに行くというケースも多いようです。 この婚約指輪の相場といえば、かつては給料三か月分といわれたものですが、最近はその相場も少し下がっているようです。ある結婚専門誌の調べによれば20万円から30万円というのが相場のようです。もちろん年収が下がっていることも影響していますし、価値観が多様化したため他にもお金を掛けたいという考えのカップルも増えている等が原因と言われています。 婚約指輪の価格相場が20万円から30万円というのはあくまで一つの統計上の平均値でしかありませんので、あまりそのデータにとらわれることなく、二人が状況を考えて納得するものを選ぶのがいいと言われています。

婚約指輪の相場について

婚約指輪というのは、相場があります。いくら、というわけではなく、自分の給料の何か月分、というものです。大凡ではありますが、三か月分くらいが多くの人が相場として認識しているのです。 婚約指輪の材質は金額によって、出来るかどうかに影響してくることになります。一番人気なのは、なんといってもダイヤモンドです。ダイヤモンドは相場がそこまで変動するようなものではありませんから、実は財産価値の保存という側面も期待できます。 婚約指輪は給料の三ヶ月分が相場、というのは高度経済成長時代の名残ではあるのですが、それでも根強い感覚です。 どうせ買うのであれば、婚約指輪はあまり価値が下がらない材質、例えば純金とかプラチナで作っておくとよいです。そうした工夫がお勧めできます。